KAI's TRACK

そうだ、世界一周行こう〜旅と絶景と時々登山〜

3.8,9 サンタクルス谷トレッキング1日目・2日目

トレッキング初日

初日は7時に宿を出発しました!
不要な荷物は宿に置かせてもれたのがかなり助かります!
 
まずはコレクティーボでカラスという町にへ!(片道6ソル)
宿からコレクティーボ乗り場までは徒歩約20分、ワラスからカラスまでは約2時間でした!(Oltursaのバス乗場の近く)
 
そのあと、カラスから登山口のコチャパンパまで乗り合いタクシーで約2時間でした(片道10ソル)
 
ワラス→カラス→コチャパンパは2時間ほどでいけると聞いていたのですが、
結果的に4時間かかってしまいました。
 
そしてカラス→コチャパンパは乗り合いタクシーというだけあって、車の定員に達し次第出発するものだったのですが助手席に2人、後部座席に4人+子ども1人と明らかに乗せすぎやろっていうぐらいぎゅうぎゅう詰めで向かいました…これはきつかった…
(笑)
 
11時過ぎに登山口に到着。いざ、これからトレッキングという前に一つ懸念事項が…
 
サンタクルス谷がある国立公園でのトレッキングはガイドが必須と言われており(真相は定かでない)、時々別途ガイドを雇うよう言われることがあるようなのです…(しかも結構高額だとか…)
 
しかし、そんな懸念も何のそのあっさり事務所を通過することができました!
無駄に心配させられた気分ですわ(笑)
 
そして、なんと特別ガイドがついてきてくれることになりました!

f:id:bei87495:20170412190913j:image

この犬です(命名ペロ(直訳犬))!
 
基本的に登山客のおこぼれを目当てについてくるのですが、
テントに近づく牛等を追い払ってくれたり、正確な道を案内してくれるなどかなり有能なガイドでした!(最大3匹になったときは困りましたが笑)
 
初日のキャンプ場Llamacorraは標高3,800mにあり、登山口のカチャパンパは標高2,900mの場所にあるので、初日は900mを登ります!時間にして4〜5時間程だそう!

f:id:bei87495:20170412190934j:image

登山口からの景色
 
サンタクルス谷のトレッキングは、”谷”という名前があるように
初日二日目はこの4,000m5,000m級の山々の合間を進んでいきます!

f:id:bei87495:20170412190926j:image

よし!頑張るかー! 
 
 
 
 
 
 
 
 
めっちゃしんどいやん…
 
 
 
900mを登るということもあり、結構な急登が続いていきます…
しかも、初日ということもあり、荷物の量が一番多いので、身体への負担もかなりありました…
 
何回も心が折れかけましたし、もう一泊だけして帰ろうかななんてことも考えました(笑)
 
しかも、登山開始から2時間ぐらいで雨が降ってくる事態に…
雨季なので予期はしていましたが、いざ雨に降られると精神的にきますぜ…
 
頑張って歩いた結果、
4時間弱でキャンプ場に到着しました!思ったより早く着いて良かったです!
一番最初にキャンプ場に着いたのですが、雨が止むのを待っていると続々と他の登山客もキャンプ場に到着しました!
 
今回のトレッキング中は僕のゴール地点であるVaqueria(バケリア)から来る方がほとんどだったのですが、そっちのほうが人気なんですかね?
 
到着してから1時間ほどで雨が小雨気味になったので、
急いでテントを設置して、あとはテントの中でダラダラ過ごしました!
ご飯もまずまずおいしかったです(笑)
 

二日目

この日は6時半頃に起床して、朝ごはん等の準備を開始しました!
やはり朝食をインスタントラーメンにしたのは正解だったと思います!
 
朝からエネルギーを必要とする活動を行うので、朝のエネルギー補給は大事ですしね!

f:id:bei87495:20170412190923j:image

朝のキャンプ場からの景色 神々しいわー
 

f:id:bei87495:20170412190920j:image

雨季とは言え、朝は割と晴れてくれることが多いので、テント等を乾かしたり、撤収したりするときには助かります!
 
9時にトレッキングを開始しました!
この日は標高4,250mのTaujipampaのキャンプ場を目指します!
 
2日目のトレッキングは開始早々、川を石伝いに渡る箇所がいくつもあるのですが、
何度も川の流れが早すぎる、もしくは川が深すぎる行き止まりにぶち当たり、30分ほど時間をロスしました(笑)
 
やっぱり雨季なのでトレッキング客はあまりいないようです…
少し寂しいですが、この景色を独り占めできるのはすごい得した気分でした!

f:id:bei87495:20170412190908j:image

 

f:id:bei87495:20170412190930j:image

 
2日目は比較的平坦な道がずっと続いていたため、この日も4時間弱でキャンプ場に到着しました!他の旅人のブログを見ていると、もっと時間を要していたのでだんだん健脚になってきた気がします!
 
そして、このキャンプ場目の前には

f:id:bei87495:20170412190916j:image

Taulliraju(標高5,830m)がそびえ立っております!
あいにくの天気だったので全貌を見ることはできなかったのですが、
これを目にしたときは鳥肌がたちました。
 
この日は13時にキャンプ場に到着したので、かなり時間を持て余すことに(笑)
ここからAlpamayo(標高5,947m)のベースキャンプにいったり、その奥にある湖にいくこともできるようですが、雨が降ったりやんだりと天候が安定していなかったのでテントでゴロゴロすることに決めました!笑
翌日がこのトレッキング最大の山場プンタユニオンの峠越えなので、しっかり身体を休めようかなと!
 
登山はキャンプ場に着きさえすれば、何にも追われることなくゆっくりできるのも楽しみの一つですよね!
本を読んだり、ブログを書いたり、ご飯を作ったりして時間を過ごし、暗くなれば寝るというサイクルです。
 
と言っても、暗くなるのは19時ごろなので、そんな早く寝れません(笑)
時々テントから顔を出して空の様子を見ていたのですが、全く晴れる様子はなかったので星空を撮影することは諦めました。笑
 
プンタユニオンの峠越えがどれほどのものかは予想できないのですが、
今までで一番高い標高なので頑張ります\(^o^)/
 
*********************************
 最後までお読みいただきありがとうございました。
 
ランキングにも参加してますので
よろしければ下記アイコンのクリックもよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 
 

3.7 ラグーナ69ってワラスから行くんですね…(サンタクルス谷トレッキング準備編)

ただ、単に下調べ不足なのですが、
twitterでフォローさせていただいている世界一周中のバックパッカーを見ていると、
レインボーマウンテンとラグーナ69のどちらも行っているという印象がありました。
 
だからどちらもクスコにあると思い、リマークスコ間の航空券を取ったあと、
ラグーナ69の行き方を調べると
 
ラグーナ69はワラスの町から…
 
という文章を見て、驚愕しました…
 
クスコにないんかい!!!!!
 
しかも先にワラスに向かった方が効率的だったので、
泣く泣くクスコ行きの航空券とはおさらばしました…
 
そして、ワラスはトレッキングの拠点になる町のようで、
せっかくなのでラグーナ69以外のトレッキングもやってみることに!
 
挑戦したのはサンタクルス谷トレッキング(3泊4日)です!
ツアーではなくキャンプ用品をレンタルし、単独で臨んできました!
 
というのも、ツアーではドンキーが全て荷物を運んでくれ、ガイドがテントの設営、調理等をしてくれるので、参加者はただトレッキングコースを歩くだけ(言い過ぎだと思います)のようなので、それは楽しさに欠けるなーと思ったからです!
 
結論からいうと、単独トレッキングはツアーより3000円ほど節約できました。
僕の場合、テント等をレンタルしたのでこの程度でしたが、個人的に持っている場合さらに安く済みます。
 
正直トレッキングをする前はめちゃくちゃビビってました(笑)
日本でもテント泊のトレッキングはしたことはありましたが、3泊4日という長めの日程も1人で行うのも初めてだったので、
 
異国の地でやり遂げれるのか…
やっぱりツアーに参加しようかな… 
 
なんてことをずっと考えていました(笑)
 
しかし、たまたま同日に同じ宿から途中まで一緒の行程を歩く方がいたので、
この方がいたおかげで実行する勇気がでました!ありがとうございました!
 

サンタクルス谷トレッキングの準備

今回ツアー会社からレンタルしたのは、
テント(一日13ソル)
寝袋(一日10ソル)
調理器具セット【バーナー・鍋・皿・コップ・スプーン・バーナー】(一日10ソル)
ガソリン(別途10ソル)
4日間合計142ソル
 
でした!いくつか聞いて回ったのですが、ここが一番安かったかなーと!
 
会社名を忘れてしまったのですが、Peru  Diamonds のすぐ近くです…
 
バーナーはガソリン式かガス式を選べます(ガス式だと20ソル)。
このときは値段の安いガソリン式を選択したのですが、
あとあと使い慣れているガス式にしておけばよかったなと思いました…
(ガスの方が着火が楽ですし、ガソリン式のように別途ライターやマッチ等を用意する必要がありません)
 
 
ご飯は、
朝 トルティーヤ+缶詰・ジャム→インスタントラーメン+野菜・ソーセージ
昼 インスタントラーメン+野菜・ソーセージトルティーヤ+缶詰・ジャム
夜 ご飯(野菜・ベーコンとともに煮込む)+インスタント味噌汁
 
という構成で考えていました!
朝食と昼食を入れ替えたのは、
お湯を沸かしていると昼食にかなりの時間を費やしてしまうと考えたからです。
雨季ということもあり、調理中に雨が降ってくると辛いので…
 
ということでスーパーで買ったのは、
米1kg(4合分(600g)を別の袋に入れて持っていきました)
インスタントラーメン(5袋)
缶詰(3缶)
トルティーヤ(12枚入)
ジャム
魚肉ソーセージ(6本入)
ベーコン(10枚入)
ミートソース(1パック)
Millo
コカ茶(ティーパック25個入)
行動食(飴とクリーム入のビスケット2種類)
水2リットル
野菜の詰め合わせセット✕2メルカドで購入)
りんご4個
合計60ソル
 
+日本から持参していたインスタント味噌汁
をトレッキング中のご飯として持参しました!
 
前日に全てパッキングし、一度背負ってみたところ、めちゃくちゃ重かったです…
推定20kg以上の重さがあったかと…
このおかげで今自分の荷物がかなり軽く感じられます(笑)
 
これで準備は整いました!いよいよサンタクルス谷トレッキングに突入です!
 
【宿情報】Hostel El Tambo
【一 泊】10ソル
【食 事】なし
Wi-Fi】あり(普通、部屋では使用不可)
【自 炊】可能
【風 呂】ホットシャワー(ガス式)水圧普通
【その他】・洗濯場あり
【感 想】
圧倒的な値段の安さでここに決めました!そして、何より居心地が良い。笑
オーナーとその娘さん(?)がとてもフレンドリーでした!
ただ、宿の場所はかなりわかりづらいので行きはバスターミナルからタクシーの方が迷わずにこれると思います(値段も2ソル)。
 
*********************************
 最後までお読みいただきありがとうございました。
 
ランキングにも参加してますので
よろしければ下記アイコンのクリックもよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 
 

3.4 今年の誕生日はバスの車内…ではなくマンコラで! そして、パリピの集うLoki Guest Houseで!

そう、前回のブログでグアヤキルから直接リマ行きのバスに乗る言いました。
 
すると自分の誕生日(3月4日)はバスの車内で過ごすことになる予定だったのです…
 それがどういうわけかペルーのマンコラという街で誕生日迎えていました
 
…なぜだ…!?
 
マンコラはペルーの海辺のそばにある街で、
砂浜から遠くにいかずとも高い波に乗れるということでサーファーが多くいました。

f:id:bei87495:20170407110152j:image

 

f:id:bei87495:20170407110149j:image

 
とりあえずハッピーバースデー自分!!
 ______________________________________
 
3月3日7時ごろにグアヤキルに到着したあと、
そのままオルメーニョというバス会社を目指しました! 
というのも、ここは毎日リマ行きのバスが出発しており、価格も70ドルとクルスデルソル(100ドル)よりも安いという情報を手に入れていたためです。
 
また8時発があるというブログも見つけたので時間を無駄にすることなく移動できると思ったので…!
 
しかし、8時前に着いたものの、まだ開いておらず、
近くの警備員に聞いてみると8時半に開くとのことだったので待つことに…
 
この日は朝から大雨でところどころ洪水状態になっている道もありました。
(バスターミナルからここまでもサンダルでズボンを捲りあげないと道を渡れない状態)
 
 
そして、8時半になりましたが、まだオフィスは開きません。
こっちでは時間通りに開かないことがデフォルトなのでまぁ仕方ないです。笑
 
が、9時まで待っても開かなかったので、
一度バスターミナルまで戻り他のバス会社を探してみることに(結局堪え性がない笑)
 
クルスデルソルは高すぎるので除外したのですが、
他のバス会社で直通の便がなかったのでどうしようかと思っていたところ、
CIFAという会社がTumbes(トゥンベス)というペルーの国境付近の町でバスを乗り継ぐ形でリマにいけるとのこと!
 
そう言えば、乗り継ぎの方が安くいけるというブログをどこかで見たので、
それで行ってみました!(結論から言うと、トゥンベスは治安が良くない町のようなので、この行き方はあまりオススメできないかもしれません)
 
トゥンベス行きのバスは10時に出発、4時ほどでペルーとの国境に到着しました!
 ここではエクアドルの入国とペルーの出国の手続きが同じ建物で行われます。
 
ただ、ここで問題が…
 
列が全く進まない…
 
結局3時間ほど手続き完了までに時間を要しました…
しかも、トゥンベスからリマ行きのバスは17時発…間に合いませんでした…
 
しかし、手続きを待っている間に仲良くなったチリ人からトゥンベスは危険だから、
マンコラに一緒に行こうというお誘いをもらい、面白そうなので一緒に向かってみることに!
 
トゥンベスのCIFAオフィスからマンコラへの行き方は、タクシー等でコレクティーボ乗り場に向かい、そこか3時ほどでした(併せて25ソル)
 
トゥンベスの町は、チリ人のいうようにあまり雰囲気の良い町ではありませんでした。夜やからそう感じたのかもしれませんが…(ちなみにバスを降りた時にリマ行のバスの客引きがいたので、もしかしたらリマにもいけたのかもしれません)
 
そして、
マンコラではLokiというゲストハウスをオススメしてくれたので行ってみました!
 
このゲストハウス、
ペルー国内ではリマとクスコにもあり、ボリビアのクスコにもありました!
ペルー国内全てに行くとTシャツがもらえるそうなのですが、真相は定かではありません…(誰か確かめてみてください)
 
ただ、このロキ…
 
ゲストハウスとクラブが併設されているゲストハウスでした(笑)
 
クラブとかの類は苦手なので瞬間的に後悔したのは言うまでもありません(笑)
 
けど、他国のバックパッカー等と仲良くなるには良い場所だなと思います!
深夜5時ぐらいまでほとんどの宿泊客が寝ていなかったように感じました(笑)
(寝付けずに4時半頃にロビーでネットサーフィンしていると、今からビーチにあるクラブに行こうと誘われました。いや、みんな元気すぎ。)
 
そんなマンコラの町で誕生日を迎えた翌日、18時発のバスでリマに向かいました(笑)
 
バス会社はtepsaというバスで125ソルでした!
なので結果的にはグアヤキルから直通でいくよりも10ドルほど安くすみましたが、
マンコラでの滞在費を考えるとトントン、むしろオーバーな気がします(°_°)
 
【宿情報】Loki Guest House
【一 泊】36ソル(ドミトリー)
【食 事】なし
Wi-Fi 】あり(弱い、時々使用できず)
【自 炊】不可
【風 呂】ホットシャワー・水圧普通
【その他】鍵付きロッカー、プール、ハンモックあり
【感 想】
部屋はかなり蒸し暑く、部屋のファンは機能していなかったので寝苦しかったです。
また、アルコールが飲める施設の併設なので、トイレとシャワーはキレイではありませんでした。ということもあり、他のロキに行くことはやめました。
 
*********************************
 最後までお読みいただきありがとうございました。
 
ランキングにも参加してますので
よろしければ下記アイコンのクリックもよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

3.2 コトパクシ山への登山を断念し、もう一つの目的地キロトア湖へ…

前日にキトからコトパクシ登山のための最寄の町Latacunga(ラタクンガ)にきたのですが、なんとコトパクシ山へ登山は当時できないことが判明しました…
 
僕のエクアドルでのメインイベントが…
 
スペイン語で理由を説明されたのでちょっとしか理解できなかったのですが、
火山なのでどうとか言うてました…(日帰りツアー(40ドル)はあったのですが、4800mのベースキャンプまでしか行けない(ほとんどの行程はバス移動)ため全くそそられず)
 
代わりにイリニサス山(標高約5,300m)の登山をオススメされたのですが、
・日帰りイリニサス登山の値段がコトパクシ登山一泊二日の値段と同じ(150ドル)
・ペルーでも同程度の山(レインボーマウンテン)に登る
 などの理由から登りませんでした。
 
ちなみにキトからラタクンガへの行き方は、
Terminal Terrestre Quitumbeからバス2時(片道2.2ドル)です。
【貼り付け】
 
キトからの行き方は路線バスC4に乗り、終点まで乗ればがバスターミナルに到着です。
僕の泊まっていたHump day hostel から当該バスに乗れるバス停までは歩いて5分です。
 
…若干話は逸れましたが、
コトパクシ山登山は諦め、もう一つの目的でもあるキロトア湖へ行くことにしました!
ラタクンガーQuilotoa(キロトア)湖間の移動は2種類あり、
①直通のバスに乗る(片道2.5ドル)
②ラタクンガーZumbahua(ズンバウア)間はバス、
    ズンバウアーキロトア湖間はタクシー(片道7ドル)
 
②の方が本数的には多いです。
①の場合、ラタクンガからキロトア湖に向かうバスは、7時8時10時13時
8時のバスに乗らないとカツカツのスケジュールになってしまいます…
また厳密に言うとキロトア湖にはバス停がない(道の真っ只中で下車)ため、キロトア湖でラタクンガ行のバスを待つ場合は道に発って待たなければいけないため、行きは①、帰りは②を選択したほうが無難です。
 
直通のバスの場合片道2時間でキロトア湖に到着。
僕は10時発のバスに乗ったで12時着、その日中にグアヤキル行のバスに乗りたかったので、17時はラタクンガに戻らなければならず実質3時間しかない状況でした…
 
本当はキロトア湖の一周トレイルと湖畔までの往復をしたかったのですが、湖畔までの往復しかできませんでした…(到着当初湖周辺はガスっていたので一周トレイルをする気にはなりませんでしたが…)
 
湖を一望できるまでは少し坂を登らなければいけないため、
一望できた瞬間はなかなか迫力がありました。 
到着当初の写真がこれ…

f:id:bei87495:20170407105353p:plain なかなかに天気が悪いでしょ?笑

雨季なので割り切ってはいるのですが、
あまり天気の悪い日が続くとさすがにこたえますね…
 
まっ気を取り直して湖畔まで降りて行きます!
キロトアは3800mに位置しているのに対し、湖畔は3,550mなので250mの登山を行うようなものです! 
 
しかし、ただ標高250mの登山と言えど侮ることなかれ。
 
最高標高が富士山を超える高さなので、既にかなり空気が薄い上に、
頂上から湖畔までは急な坂になっています。
 
下りは良いですが、登りはかなりきつかった…
下りは約45分ほどで湖畔に到着しました。
 
ここで幸か不幸か晴れ間がさしてき、湖面がエメラルドグリーンへと色を変えてきたのです!

f:id:bei87495:20170407105608p:plain

 
この機を逃すまいとすぐさま頂上へと引き返しました!
 
ちなみに登りは楽したいという方向けに馬も用意されています(個体差があるので徒歩より遅い場合あり)
 
ある二人組で、徒歩で登っている方が馬に乗っている友人に向かい
How do you feel? You should be bad!! Because you are too lazy.
と言っており、それを横目にそやそやと思いながら登ってました(笑)
 
登りもなんとか1時間ぐらいでまとめ上げ、晴れ間になんとか間に合いました!
これが晴れてる時の写真!

f:id:bei87495:20170407105739p:plain

全面ではないですが、エメラルドグリーンがキレイです!
ちょっと古いですが「君の名は」に出てくる、村(事件後)みたいじゃないですか?
 
このあと本格的にガスって湖畔も何も見えなくなったので、本当にギリギリでした… 
さらに運が良いことに帰ろうと思ったタイミングでバスがやってき、
ラタクンガ行きのバスにキロトア湖から乗ることができました!
これで無事に17時にラタクンガに着くことができ、その後19時発キト行きのバス、
23時20分グアヤキル行きのバスに乗ることがができました!
 
グアヤキルからはそのままペルーのリマ行のバスに乗ります!
 
【宿情報】Latacunga Hostel
【一 泊】10USD(シングル)
【食 事】なし
Wi-Fi 】なし(あるが、当時使用できず)
【自 炊】可能(?)
【風 呂】ホットシャワー・水圧普通
【その他】・タオルあり
【感 想】
ホステルですが、ホテルのような佇まいでした。
自炊は可能ですが、併設のレストランの厨房を貸していただいたので、あまり手の込んだ料理は難しいかもしれません(ただ、厨房の調味料等は使えたので、状況次第で込んだ料理も可能です笑)
ただ、風呂の電気が感知式のため、シャワーを浴びている最中に電気が消えてしまうのが難点です…解決方は不明です(笑)
 
*********************************
 最後までお読みいただきありがとうございました。
 
ランキングにも参加してますので
よろしければ下記アイコンのクリックもよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

2.28 標高4,700mのピチンチャ山へお手軽ハイキング!

エクアドルでは標高5,897mのコトパクシ山へ登ることを考えていたため、
高度順応のためにピチンチャ山へ行ってきました!
 
この山、なんと標高4100mまでロープウェイで行けるので、
標高4,700m近い山とは言え、約600m登るだけで山頂にいけるのです! 
 
泊まっていた宿からロープウェイ乗り場(teleférico)まではタクシーで5ドル、
ロープウェイは往復で8.5ドルでした!
 
登山口はあいにくの曇り模様でした…雨が降っていないだけマシですが…

f:id:bei87495:20170407102355j:image

 
さすがに標高4000mを超えるとなると空気がかなり薄いので
しっかり呼吸をすることを心掛けハイキングを開始しました。
 
ハイキングというだけあって(勝手に呼んでるだけやけど)
しばらくは軽い登りや平坦な道が続きます。
 
曇り模様というかかなりガスっていたため景色はほぼ見えず…
これが純粋に景色を楽しむことを目的にしていたら登頂せずに下山していました(笑)

f:id:bei87495:20170407102345j:image  

最後の方はなかなかに急登が続きますが、定期的に休憩をとり一歩一歩進めていけば問題ありません(雪があるため少し滑りやすかったです)

f:id:bei87495:20170407102348j:image

 登山の良いところは歩き続けたらいつか山頂に着くことですよね!
 
歩き続けた結果2時間半で山頂へ!

f:id:bei87495:20170407102351j:image

 
日本では見たことない鳥を見たのですが、やってることはカラスと同じでした(笑)

f:id:bei87495:20170407102342j:image

 
ただ写真でわかっていただけるように山頂からは何も見えないため
30分ほどで下山を開始しました。
 
が…
 
ガスりすぎて下山道が正確に分からず、
なんとなくで進んでたら遭難しかけました… 結構危なかった…
ピチンチャ山の最後は岩場なので明確なトレースがないので要注意です…
 
その後、気付いてもらえるように声を出しながら元きた道を戻り、
はじめに遭遇した方にお願いし一緒に下山しました…
ということもあり、下山時間も2時間半でした!
 
下山後はロープウェイ乗り場ではなく、少し徒歩で下ったところにある遊園地にタクシーが待機しているためそこから宿まで戻りました。
 
ひとまず高山病になることなく4700mまでいけて良かったです!
気軽に高所にいけるピチンチャ山ですが、道に迷わないようにお気をつけて(笑)
 
翌日はコトパクシ山へのツアーに参加するためラタクンガに向かいました!
 
*********************************
 最後までお読みいただきありがとうございました。
 
ランキングにも参加してますので
よろしければ下記アイコンのクリックもよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

2.27 イピアレスからキトまでの移動方法

Interjetで一悶着あってから約4日、
ついに申告した行程で移動する日がやってきました!
(ブログを書いて初めてコロンビアに4日しか滞在していなかったと実感しました…)
 
まずはバスでエクアドルとの国境へ
 
バスは青い教会前にある広場を1ブロック南へ進んだところから乗ることができます(1,000ペソ)【地図はバスが通る道の建物を指しています】。
 
バスはfronteraという行き先表示があるため、ひと目でわかりました!
(念のため、周りの方に聞くほうが良いかもしれません)
 
事前に調べた情報では国境を越えた場所でバスが止まるとあったのですが、
国境付近が工事中だったためか、国境手前で降ろされ歩いて向かいました。 
 
順調にコロンビアの出国、エクアドルの入国を終え、
Quito(キト)へ向かうバスにのるため、Tulcan(トゥルカン)行のコレクティーボへ
 
このコレクティーボはエクアドルの入国審査の部屋を出て、
すぐ右に進んだ道向に待機しています(1.75USD)
 
1時間でトゥルカンに到着!
15分後にキト行のバスが出発するということでそれに乗り込みます(6.1USD)!
5時間ほどでキトに到着!
 
したのですが…
ここで誤って北部のバスターミナルで降りてしまいました…
僕が泊まった宿は南部にあり、このバスターミナルからかなりの距離があります…
さらに悪いことに正規のタクシーではないタクシーに乗ってしまい、
そこから一番近くのバス乗り場までで40USD(ホテルまでいくなら80USDと言われたので)
いくらなんでも高すぎですよね…メーターが付いてない時点で降りるべきやった…
しかも泊まる宿の周辺は危険だと運転手に言われ、さらに気分はガタ落ちです…
 
そのあと、なんとか周りの人に助けてもらいながら、
宿の最寄のEstación Marín Central まで辿り着き、徒歩15分ぐらいで宿に着きました…
 
この日は色々正常な判断ができませんでした…
ちょっと旅の疲れが溜まってるのかもしれません…  若干落ち込みました…
気を取り直すためにも翌日は高度順応のためにハイキングにいってきました!
 
【宿情報】Hump day hostel
【一 泊】10USD(ドミトリー)
【食 事】朝食付
【 Wi-F i】あり(早い、部屋でも使用可能)
【自 炊】可能
【風 呂】ホットシャワー水圧強め
【その他】・タオルあり(有料)
     ・ランドリーサービスあり(有料)
     ・貴重品ロッカーあり
【感 想】
旅中に泊ってきたゲストハウス史上で一番キレイで居心地の良いところでした!
設備が全てキレイで、朝ごはんもおいしく、シャワーもこの水圧でお湯がでるのかといったぐらい良かったです!
グアヤキルへ向かう際のバスターミナルや赤道博物館にもアクセスしやすい立地です!
しかし、薄暗くなる時間帯から人通りが少なくなってくるので、
早めの宿に戻るほうが良いかもしれません。
 
*********************************
 最後までお読みいただきありがとうございました。
 
ランキングにも参加してますので
よろしければ下記アイコンのクリックもよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2.26 世界一美しい崖の上の教会”Santuario de Las Lajas(ラスラハス教会)”

前日にボゴタから夜行バスに乗り、イピアレスにきました!
ボゴタからイピアレスのバス代は126000ペソで所要時間は21時間ほどでした!
南米ではバスのWi-Fi詐欺(Wi-Fiが使えると謳っておきながらも使えない状態)が多い中、このバスはWi-Fiを使うことができました!笑
 
イピアレスに到着した後は、まずは宿探しへ!
他の旅人さんがオススメしていたHotel Belmonteに泊まりました!
 
チェックインし、一休みしたあとは、いよいよあの場所へ…!
 
そう、その場所とは…

f:id:bei87495:20170405063915j:image

ラスラハス教会
 
ここは世界一周に出た理由の一つといっても過言じゃないぐらい行きたかった場所です。 かっこええわー!惚れ惚れするわー!
 
携帯を紛失するという失態さえおかさんかったらもっと楽しめたのになー…
この出来事があったため、正直この日のことはあまり覚えていません(笑)
 
けど、こんなに見たいと思ってきた場所やのに、
あまり心を動かされませんでした…期待しすぎてたからかな…
 
どういうわけか、美術系・建築系にはあまり心を動かされないタイプのようです。
鳥肌たつぐらい感動したのはタージ・マハルを見たときぐらいかなー…
 
コレクティーボ乗場は下記地図上にピンが刺されている場所にあります。
(うまくピン指しができなかったので、乗場の前にある店に指しました)
ピンクの教会を3ブロックほどいったところにあります!

片道2000ペソでした。
 
次回はいよいよエクアドルへ!
 
 
【宿情報】
Hotel Belmonte
【一 泊】18,000ペソ(シングル)
【食 事】なし
Wi-Fi】あり(普通、談話室のみ使用可能)
【自 炊】不可
【風 呂】ホットシャワーあり(水圧弱め)
【その他】・タオル付
【感 想】
中心地に近い場所ですが、部屋は寝泊まりするためだけのような狭さでした。
宿の方はフレンドリーですが、午前中は仕事に出かけているため不在のようです。
 
 
*********************************
 最後までお読みいただきありがとうございました。
 
ランキングにも参加してますので
よろしければ下記アイコンのクリックもよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村