読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAI's TRACK

旅の舞台が南米からヨーロッパに移りました!しばらくヨーロッパを周遊します。

KAI's TRACK

そうだ世界一周、行こう。〜絶景と旅情報と登山〜

2.17 いよいよメキシコですよ!アミーゴ!

この日はグアテマラからメキシコへの移動日でした。
 
グアテマラからメキシコに行く方法は
①メキシコのパレンケにいき、船で国境越え
ベリーズ経由でメキシコのチェトゥマルまでいく陸路での国境越え
の2種類あり、僕は②を選びました!
 
理由は同日中にプラヤデルカルメンに到着しておきたかったというのと、
他の旅人のブログをみていると①はややこしそうやなと思ったからです(実際はどうか知りませんが…)
 
当日は朝7時にホテル前に集合でした。チェトゥマルまでのバスは200Q
言い値は260Qだったのですが、交渉してみると割とあっさり下がりました。笑
人数が集まってたのか、本来はもっと低いのかわかりませんが…
 
結局7:30ぐらいにバンがきて出発、出発して1時間ほどでベリーズとの国境へ。
グアテマラ出国ベリーズ入国の際、費用は発生しません。
 
ベリーズ中南米唯一のイギリスの植民地なので公用語として英語が使われています(実際はスペイン語を母国語とする方が多いそうですが)
なので、ベリーズに入国してしばらく経つと街の看板等で使われている言語が全て英語になり、また人種もインディヘナ系から黒人系へとガラッと変わり、隣同士の国でもこんなに変わるのかと実感できて興味深かったです。
 
そのあとまた4時間ほど走り、ベリーズシティへ。
バスが停車した場所はキーカーカーへのフェリーが出ている場所でした。
 
ここで各自昼食を食べるように言われたのですが、
 
ベリーズドル持ってない!笑
 
また、クレジットカードも20$以上の支払いのみ使えるそうなのですが
 
そんなに使わん。
 
ということで何も食べず、持っていた飴を食べ続けました…ひもじい…
 
そこから3時間ほどでメキシコとの国境へ
ベリーズ出国メキシコ入国の際は出国税を支払わなければなりません。
米ドル支払いも可能ですが、お釣りは全てベリーズドルで返ってきます。
20米ドルに対し3ベリーズドルが帰ってきました。
 
もし細かい米ドルがない方はベリーズシティーで停車した場所にあるお土産屋で細かく両替してもらうこともできます(あくまでお店の方のご厚意なのですが…)
 
フローレスを出発してから8時間半でチェトゥマルに到着です!
 
バスはチェトゥマルのADOバスターミナルに行ってくれるので、そこからすぐ各地へ行くバスに乗ることが可能でした。
 
僕はプラヤデルカルメンに行きたかったので、
17:45発の二等バス(188メキシコペソ)のチケットを買いました。
プラヤデルカルメンまでは約5時間!
 
前もって予約していた「Hotel Tortuga」に泊まりましたー!
 
…うーん…写真がないとなんだか堅苦しく見える…
 
というわけで、プラヤ・デル・カルメンの風景を…!

f:id:bei87495:20170330090921j:image

 

f:id:bei87495:20170330090918j:image

f:id:bei87495:20170330090915j:image

The観光地です(笑)
 
ただ、こういう場所の雰囲気ってすごい好きです!
うまくいえないのですが、街全体が明るい感じ!旅行にきている人がほとんどなので街全体が浮かれている感じです!
 
翌日からはいよいよプラヤデルカルメンにきた目的の実行を開始しました!!
 
【宿情報】
Hotel Tortuga
【住 所】Calle 1 Sur Lote 5 entre av. 25 y 30 Colonia Centro, 77710 Playa del Carmen
【一 泊】157メキシカンペソ(ドミトリー)
【食 事】なし
【 Wi-F i】あり(そこそこ速い、ただしドミトリー内では使用できず)
【風 呂】ホットシャワーがでるが、水圧は低め
【自 炊】可能(キッチンは食器も多く、キレイ)
【その他】
・無料のコーヒー、水あり
・タオル付
・部屋に鍵付きロッカー、AC、扇風機有
【感想】
少し中心地から離れた場所(徒歩5〜10分)にあり、夜は比較的静かに過ごせます!
また、中庭的なところは夜、風通しがよくとても涼しいです。
一つ難点を上げるとすれば、シャワーの排水口からトイレの臭いがして、入った瞬間は少し萎えます。
 
*********************************
 最後までお読みいただきありがとうございました。
 
ランキングにも参加してますので
よろしければ下記アイコンのクリックもよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村