KAI's TRACK

そうだ、世界一周行こう〜旅と絶景と時々登山〜

3.31 アタカマ砂漠でツアー三昧!!(月の谷ツアー)

ルレナバケのアマゾン川ツアーにも行ったので、ボリビアでしたかったことは全て終了しました!
 
本当はトロトロにも行きたかったのですが、今後もトレッキングが続きますし、写真で見る限りそないかなーと思ったので、時間の関係上もありパスしましたー!(ただ行った人はみんな良かったといっていたので、写真映しないだけでかなり良い場所だと思います)
 
ということで、次の目的地
 
9カ国目「チリ」へ
 
すでに日本を発って半年以上経つのにまだ二桁いってないとは…(笑)
まずはAtacama(アタカマ)に行くためにCalama(カラマ)の町を目指しました!
 
ラパスからカラマまでの直通(Iquique(イキケ)経由)のバス(200ボリ)があったので、それにしました!他にもArica(アリカ)経由やUyuni(ウユニ)経由もあるのですが、バスを乗り換えなければいけないのでパスしました。
 
11:30に出発し、翌朝7時45分頃到着、約19時間のバス旅でカラマに到着!
そのまま8時発のバスでアタカマへ(3000ペソ)
 
約2時間ほどで到着し、予約していた宿Hostel AtacamaTataisへ
チェックインまで約2時間ほどあったので、その間に洗濯を済ませ、ツアーに申し込むために町へ繰り出しました!
 
ただ、チリペソを全然持っていなかったのでその前に銀行へ…チリはATMでお金を引き出すと1回700円ほど手数料がかかるので、手数料がかからないと噂のBanco Estadoで下ろしてみることに…
 
 
 
ガッツリ手数料がかかりました
 
 
手数料が無料とは夢物語なのでしょうか…?笑
まぁパタゴニア用のUSドルを使うわけにもいかなかったので仕方ないですね。(4月17日現在、パタゴニアも残り2日の時点でUSドルかなり余ってます)
 
アタカマといえば、ツアー会社の人曰く月の谷ツアー・星空ツアー・間欠泉ツアーに行くべしとのことなので、せっかくなので全部行ってみることにしました!
 
ツアーをいくつも申し込むことで割引があるようなのですが、月の谷ツアーを申込んだところの星空ツアーが21時出発22時半終了と早かったので、月の谷ツアーと星空ツアー・間欠泉ツアーは別の会社で申し込みました。
 
金額はそれぞれ、
月の谷ツアー:8000ペソ+入場料3000ペソ(国際学生証があれば2500ペソ)
星空ツアー:18000ペソ→14000ペソ(詳細後述)
間欠泉ツアー:17000ペソ+入場料15000ペソ
でした(すみません、申し込んだ会社の名前忘れました)。
 
月の谷ツアーは16時にオフィス集合だったので、その間町をぶらぶらしつつ、スーパーでご飯の買い出し等をしました。
 
チリに入ってからいっきに物価が上昇するので、貧乏旅行者には自炊が必須になってきます…(と言ってもパスタとか簡単なものしかほどの自炊スキルしかないのですが…)
ボリビアとはどのぐらい物価が違うかというと、例えばポテチなんかは約倍の値段です。うーん、わかりづらい(笑)
 
16時前になったのでツアー会社へ
 
ミニバスに乗り、月の谷の方へ向かいます。

f:id:bei87495:20170422112744j:image

自分が知ってる地球とは全く違う景色がそこに…
 
砂漠と呼ばれる場所には初めてきたんですけど、ほんま一面砂と岩(ここは塩も)しかありませんでした。砂漠=サボテンがあるという勝手なイメージがあったんですが、サボテンもなかったです(笑)
 
ちなみにこのツアー、割とガイドが急かしてくるのであんまりゆっくりしてる時間はありませんでした。集合時間に遅れようものなら躊躇なく置いて行かれます(割とマジで)。

f:id:bei87495:20170422112740j:image

ここの景色は本当にすごかったです。
夕日を見に行く直前に立ち寄る場所なのですが、かなり迫力がありました。
 

f:id:bei87495:20170422112747j:image

ええ感じの写真も撮れちゃいます(結構風が強いので落ちないようにだけお気をつけください)
 
そして、いよいよメインイベント(?)の夕陽を見にいきます!

f:id:bei87495:20170422112753j:image

キレイでした…
 

f:id:bei87495:20170422112750j:image

ええ感じの一枚(盗撮)
 
一眼レフと望遠レンズを持っているので、技術さえあれば人物とかもええ感じに撮れる要素は揃ってるんですが、いかんせんコミュ障なもので結局いつも人を撮れず(もしくは盗撮)に風景を撮って終わることが多いんです…
 
しかし、今回は同じツアーに日本の方が数名いらっしゃった+記念撮影スポットがあったので撮らせていただきました!
 
難しかったけど楽しかった!笑
 
近年、写真の加工技術が発達して現実の風景よりキレイに見せれるようになって、実際現地に行った時ガッカリすることがたまにあります。だからこそ、人や日常の風景をうまく切り取った写真を撮れる人ってすごいなと思うし(実際重宝されてますし)、そういう写真に共感が集まりやすいのかなーなんて思います。
 
人の表情や雰囲気はどうやっても加工できないですもんね。(フォトショップ使ったら不可能でもないんやろうけど)
 
急に話は変わりますが、最近Lovegraphというサービスをよくネット等で見かけるんですが、そのカメラマンが撮った写真なんて、どれも見惚れるぐらい素晴らしい写真が多いんです!
 
あぁいう写真が自分でも撮れたらええのになー って思いますね!
 
SNSを駆使すれば一瞬で見つけることができると思うので、気になった方は探してみてください!個人的にもいつか利用してみたいサービスの一つ…(笑)
 
夕陽が沈んだらこのツアーも終了なので、アタカマの町へ戻りました!
 
そしたら、なんとこのツアーで仲良くなった方全員が同日の星空ツアー(月の谷ツアーと同じツアーで申し込んだ会社のやつ)に行くそうで、しかもよくよくそのツアー会社に聞くと、9時からだけでなく23時半出発のものもある(先言え)うえに、値段も14000ペソとのことだったので、もともとの方をキャンセルし(なんとできました)、こちらに参加することに!
 
まぁ複数人で見たほうが楽しいですしね!ということで、この日急遽星空ツアーに参加してきました!
 
 
【宿情報】Hostel Atacama Tatais
【一 泊】12000ペソ(ドミトリー)
【食 事】なし
Wi-Fi】普通(レファレンス周辺は早いですが、部屋の中は普通の早さです)
【自 炊】可
【風 呂】ホットシャワー(電気式)水圧普通
【その他】・洗濯可能
     ・ツアー会社併設
     ・貴重品ロッカーあり
【感 想】
中心地からは少し離れた場所にあります(墓地の近く)。
部屋は8人用のドミトリーでしたが、二段ベッドの上段は天井がかなり近いので下段で寝ることができれば快適に過ごせると思います。
キッチンは調味料類(油や塩等)が何もありませんでした。また、夜の時間帯はかなり混み合います。
ルレナバケのあとのアタカマだったので、洗濯物の乾くスピードがかなり早かったです。
ホットシャワーは場所によって出たり出なかったりとマチマチでした。そして、程よい温度にするには少しコツがいります。
 
*********************************
 最後までお読みいただきありがとうございました。
 
ランキングにも参加してますので
よろしければ下記アイコンのクリックもよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます!