読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAI's TRACK

そうだ、世界一周行こう〜旅と絶景と時々登山〜

4.9,10 雨が降っててもトレッキングをしてみるものだ…!(Wルートトレッキング 3日目、最終日)

3日目

朝テントからでたら
 
運が悪い出来事その⑤
食材を動物に食べられる
 
 
前日にこれ絶対食べられるやろうなーと思いつつ、外においていたら案の定です。
 
 
何でわかってるのに外に置いたんや…
 
 
まぁパスタが少し食べられるぐらいなら良かったんですが、油の蓋がかじられて穴を開けられたのが困りました… 傾いたら油がこぼれてくるので、ここで油とはおさらばしました…
 

f:id:bei87495:20170501170908p:image

この日はキャンプ場間の移動だけだったので、今回のトレッキング唯一の休息日のようなものでした!
 

f:id:bei87495:20170501170941j:image

今回のトレッキングは基本的に朝は晴れていたので気持ちよかったです!

f:id:bei87495:20170501170903j:image

道自体もあまり険しくなく、軽いアップダウンはあるものの平坦続きな道でした!
 

f:id:bei87495:20170501170945j:image

途中は虹が見えるサプライズも\(^o^)/
 
4時間ほど歩いてキャンプ場に到着しました!
これまで数々の山小屋を見てきましたが、ここの山小屋はトップクラスのキレイさでした。最早山小屋じゃなくてホテルです。最終日のご褒美にここに泊まるのもオススメかもしれません。外から見てるだけでかなり惹かれましたもん!
数日テント泊してたから感じることやったんかな…(笑)
 
この日は雨が降ってきたので、早々にテントの中に引っ込み、あとはご飯を作ったりダラダラして終了です!
 
セントラルのキャンプ場は机の上でのみ火を使用してよいということなのですが、屋根付きの机がないので、人があまりいないことをよいことに洗面台の横にスペースがあるので、そこでご飯を作りました!中には、机の上にある木にジャケットをかけて屋根を作っている人もいました(これが本来の正解です)
 

最終日

この日は3時半起床
 
いや、早くない?と思うじゃないですか? というのも、この日は早起きしてパイネの朝焼けを見に行くつもりでした!
連日朝は晴れてたのでこの日も3時半にテントを出たら少し雲はあるものの星空が見えてたので、朝ごはんを済ませ4時半頃から歩き始めました!
 
 
 
いや、めっちゃ暗いし怖いんやけど、しかも誰も歩いてないし…
 
 
 
思いの外、同じようなことをしてる人がおらず、夜なのでウサギに出くわしただけでもすごいビックリします…
 
 
ビビりながらも登山口の到着!この日の目的地パイネの方を見ると…
 
めっちゃガスってて何も見えない
 
そして
 
雨降り出す
 
 
そのとき瞬時に思いました。
 
 
よし寝よう
 
というわけでパイネの朝焼けは諦めて、9時ぐらいまで寝ました。笑
昼ご飯用に作っておいたホットドッグも二度目の朝ごはんとして食べました。最早もう帰り支度を始めてるようなものです。笑
 
しかし、プエルト・ナタレスに戻るバスは早くても14時半出発なのでまだまだ時間はある上に、

f:id:bei87495:20170501170943j:image

曇ってるけど、陽の光は当たっている状況だったので、時間もあるし行けるところまでいってみました!
荷物はセントラルの山小屋で預かってくれるので、水とリンゴとカメラだけの超軽装!
 
パイネのミラドールまでにある最初のキャンプ場エルチレーノまでは急なアップダウンが続きます。

f:id:bei87495:20170501170948j:image

セントラルからエルチレーノ間のピークから見たエルチレーノ側の景色
 
谷を歩いていきます!ピークを過ぎてから雨が本格的に降ってきたのですが、とりあえず進んでみました。
 
1時間ぐらいで到着!
 
そこで初日に同じキャンプ場に泊まっていた韓国人グループに久々に会いました!
彼らは初日こそ一緒だったものの行程が全然違ったようでその後は全然会わなかったんです。
 
いつもの通り挨拶を交わし、先へ進もうかと思っていると
 
 
「Hey my friend!! Did you lose your ipod at Paine Grande??」
 
へっ?「Y....Yes…」
 
「We have it!!!!!!」
 
えぇーまじかー!うぉー!なんで!
マジで!うそ!ほんまに!(当時の心の中)
 
どういうわけか彼らのテントの直ぐ側に落ちてたようで拾って持ってきてくれてたみたいです(未だに何故日本人のものとわかったのかは謎です)。
 
 
そんなことよりも
 
 
おかえり!旅のパートナーipod
 
 
いやーほんまに嬉しかったし、ただただ感謝しかありません…
 
一通り感謝のハグをした跡はもう少し進む時間があったので、そこでいったんお別れしました。(後日談なのですが、彼らのグループのうち1人はその日トレッキング中にiphoneをなくしたそうです。なんかすみません…)
 
そのあともう少し奥に進んだのですが、
 
いやーもうね、嬉しさのあまり叫びまくったよね。笑
 
これ、人がめちゃくちゃ多いオンシーズンやったら、この喜びの行き先はどこになってたんやろう…それでもやっぱり叫ぶしかなかったんかな…
普段トレッキング中は音楽を聴かないって決めてるんですが、このときばかりは聴きました。嬉しすぎて。笑
 

f:id:bei87495:20170501170958j:image

f:id:bei87495:20170501170950j:image

チレーノから先の景色は他の場所と比べ紅葉が進んでおりキレイでした。
 
少し進んだところでタイムアップとなり引き返すことに
 

f:id:bei87495:20170501171000j:image

f:id:bei87495:20170501170952j:image

そして、この景色ですよ
 
 
やっぱり晴れてくれたら一層キレイに見えるパイネ国立公園でした。
 
山小屋に戻ったあとは2時発のミニバス(3000ペソ)に乗り、プエルト・ナタレス行きのバスが出る湖まで行きました!
山小屋から歩いてもいけるのですが、山小屋から1時間以上歩くことになりそうだったので楽しちゃいました。笑
 
 
これで3泊4日のWルート完結です!
 
 
以前、ペルーでも3泊4日のトレッキングをしていたせいもあってか終始楽しくトレッキングできました!
パタゴニアに来た際はせっかくなので日帰りトレッキングだけとは言わずこのWルートもしくはフィッツロイ(後日アップします)のテント泊トレッキングは本当にオススメです\(^o^)/
 
Wルートの場合、少し値は張りますが、山小屋に泊まれば最低限の荷物を持ち歩くだけでWルートを満喫することもできるので、たまにの贅沢をここで発揮してみるのもいかがでしょうか! トレッキングの聖地と言われるだけあって、それはそれはもう素晴らしかったです!
 
そして、宿に戻ったときの宿泊者と話していたのですが、4月のほうがパタゴニアはベストシーズンなのじゃないかと!人も少ないし、キャンプ場の予約もとりやすい、確かに夜はかなり冷え込むけど、その分紅葉がキレイ。
 
実際のベストシーズンがどのぐらい良い環境なのかは体験していないのでわからないですが、登山もキャンプも人が少ないほうがマイペースにできますし、僕は4月がベストシーズン派です!
 
あーパタゴニア好き!もうパタゴニアに住みたい…
 
この翌日は休む間もなく、エル・カラファテに移動しました\(^o^)/
 
**************************
 最後までお読みいただきありがとうございました。
 
ランキングにも参加してますので
よろしければ下記アイコンのクリックもよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます!