読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAI's TRACK

そうだ、世界一周行こう〜旅と絶景と時々登山〜

4.12 氷河の上で氷河を使ったウィスキーオンザロック…

前日にプエルト・ナタレスからアルゼンチンのエル・カラファテに移動してきました(15000ペソ)!
5時間ほどで付く予定が、イミグレーションに時間がかかり7時間で到着です!
 
 
10カ国目アルゼンチンへ突入!
 
チェックインを済ませたあとはアルゼンチンペソを手に入れようとATMにいったのですが、この銀行も最高1000ペソ(一回の手数料は約700円)しか降ろせなかったのでATM使用は諦めました。
 
なので、宿のスタッフに両替屋の場所を聞き、両替をしにいったのですが1ドル=15ペソとレートは微妙…
現大統領になるまでは、レートが1.5倍の闇両替屋なるものがあったそうなのですが、現在はない(実際はあるけど正規レートとほぼ変わらず)ので両替を行いました。
 
そして、宿に帰ったのですが、宿のリファレンスにはCambio1USD=15.5ペソの文字が…
 
 
いや、ここで両替やってますやん!先に言うてよ!
しかもいわゆる闇両替的なレート(正規レートよりも高い)ですやん!
 
 
あー損した気分…
実際はいつでも両替してくれるわけではなく、換金分のペソがあるときだけしてくれるそうです。
 
必要な分のペソは手に入れたので、早速ツアーの申込みにいきました!
と言っても、どこも値段は同じのようなので、宿で申し込みができるようなので宿で申し込みました。
 
エル・カラファテからいける、ペリトモレノ氷河のツアーは三種類あり
①展望台まで氷河を見に行くツアー(半日、400ペソ)
②ミニトレッキング(フルデイツアー、2400ペソ)
③ビッグアイス(フルデイツアー、4000ペソ)
各ツアーともツアー代金+入場料500ペソが必要になります。
 
初めは③に参加しようかなと思っていたのですが、お分かりのように高いんですよ。約3万円です。
 
ここもそうですが、南米全体の観光資源がすごい値上がりしてるー… 
少し悩んだのですが、1時間半の違いならと②に参加しました!
 

ミニトレッキングツアー

当日は8時に宿までピックアップがありました!
お一人様ということでガイドの隣に座らされたのですが、そのガイドが独学で日本語の勉強をしているということで、お互いがお互いに日本語・スペイン語のレッスンをし合ってなかなか面白かったです。
 
こういう日本語の話になるといつもやっぱり日本語って難しいなって思います!
なんていうか、英語やスペイン語のように的確な表現ないですよね…
直訳すればこうやけど、こういう言い回しもあるし…みたいな!
 
一番困るのがHiやOlaは日本語で何て言うかっていう質問です。
直訳すれば「こんにちは」や「やぁ」になるんでしょうけど、実際そんな言い方しませんもんね。
かと言って、「やっほー」や「おいっすー」も砕けすぎですし…(笑)
 
的確な回答お待ちしております。
 
まずは①のツアーでもいく展望台に行きました!

f:id:bei87495:20170503064954j:image

 

f:id:bei87495:20170503064952j:image

めっちゃ氷河(意味不明)
 
グレイ氷河と類似していますが、グレイ氷河よりも近くから見れて圧倒されました!
②と③のツアーではこのあと2枚目左端に見える場所に行き、氷河トレッキングを行います。
 
氷河は本当にきれいな青色で青色好きな僕としては興奮しまくりでした!
 
このときにたまたまお互い単独で参加していたアメリカ出身のジェイソンと知り合いました!彼とはプエルト・ナタレスからエル・カラファテまでも同じバスに乗っていたのが軽く顔見知りではあったのですが、話したのはここで初めてでした!
 
前日遅くまで飲んでいたそうで1時間しか寝ていないそうで、今すぐ宿に帰りたいとのこと…
 
 
うわぁーその気持めっちゃ分かるわー(笑)
アタカマ砂漠の記憶が蘇ります…
 
そして、パイネ国立公園のトレッキングの話(彼はWルートではなく、さらに長い8日間のサーキットトレッキングをしてきたよう)のときにipodをなくしたけど、結局見つかったという話をしたら…
 
 
Oh, I remember you.  Do you remember I asked you what are you looking for.
 
 
あっ…
 
 
あー!そう言えば!覚えてる!
  
そうなんです。このときまで忘れていたのですが、キャンプ場でiPod捜索していたとき何か探してるのかと尋ねてくれた外国人は1人いたんです!
 
あぁ尋ねてくれるだけでも嬉しいもんやなーと思っていたのですが、その尋ねてくれた人がこのジェイソン!
 
もう距離が一瞬で縮まりました!笑 
そして、なんと彼もコロンビアで携帯をなくしたとのこと!同志よ!笑
 
携帯をなくす外国人あるあるな気がするんですが、たいていみんな強盗とかにあったわけじゃなく、クラブとかで酔っ払って携帯を盗まれるという自業自得パターンが多いんですよね。笑
 
この展望台では昼食の時間も含め1時間半の時間がありました!
どこでも昼食を食べてよいとガイドは言うのですが、寒すぎて屋外で食べる気にならないので、集合場所にあるカフェテリアのような場所で持参した昼食を食べました。
 
そのあとは少し移動し船に乗って氷河の近くまでいきます!
ガイドから氷河の成り立ちや、昔ここがどのような状態だったか等の説明を聞いたあとはいよいよクランポン(アイゼン)を履き、氷河トレッキングへ!

f:id:bei87495:20170503065002j:image

左がジェイソンです!両親がどちらもメキシコ出身だそうで英語とスペイン語がペラペラなバイリンガル(うらやましいなー)
 
十数人が1グループとなってトレッキングを行います。

f:id:bei87495:20170503064950j:image

 

f:id:bei87495:20170503065004j:image

いやー絶景かな
 

f:id:bei87495:20170503064959j:image

ええ感じに写ってくれるジェイソン
 
そして、氷河トレッキング最後のお楽しみ…

f:id:bei87495:20170503064957j:image

ペリトモレノ氷河を使用したウィスキーオンザロック
 
 
うん、おいしくなかった!笑
 
 
ウィスキーのおいしさはまだ分かる段階に達してないようです…
この先もたどり着くことはなさそう…ウィスキーのおともとして置かれているチョコレートは美味しかったです!
 
 
これでミニトレッキングのツアーは終了!宿には18時頃に戻ってきました!
 
 
正直な感想を言わせてもらってもいいですか…
 
 
 
2400ペソも払ってまですることかなー
 
 
 
氷河を歩くという経験はなかなかし難いものですが、この経験を2400ペソを払ってまでする必要があるかというと?って感じです。
 
ただ氷河を歩いてウィスキーを飲むだけですから。 
雪山登山をどこかでしてて、グレイ氷河をすでに見ているなら、あまり感じることは少ないというのが個人的な感想です。いや、確かにすごかったですが。
 
今回確信したのですが、きっとグループ行動のツアーっていうのが嫌いなんだと思います!自分のペースがあるのに相手のペースにわざわざ併せて窮屈な思いをしないといけないっていうのが本当に苦手… これが友達と一緒、もしくは友達同士のグループ行動とかなら話は別なんですけどねー
 
 
友達もできたので参加せえへんかったら良かったと思うことはないですが、うーん?って思うツアーでしたとさ!
 
 
うん、気を取り直してフィッツロイに向かおう!
 
【宿情報】Calafate Hostel
【一 泊】220ボリ(4人用ドミトリー)
【食 事】追加料金で朝食追加可能(35ペソ)
Wi-Fi】速い(使用状況により早かったり遅かったり)
【自 炊】可
【風 呂】ホットシャワー、水圧強め
【その他】・洗濯可能
     ・貴重品ロッカーあり
     ・宿でツアーを申し込むこと可能
     ・室内に暖房あり
【感 想】
バス停から徒歩5分ちょっとの好立地!エル・カラファテには最終的に1週間ほど滞在したのですが、宿を変える気にならないほど居心地がよかったです。自分が泊まったパタゴニアの宿はそうだったのですが、シャワーはお湯を出せば出すほど熱々になるという謎仕様(笑)
食事や団欒をするためのスペースも40席ほどありかなりくつろげる環境でした!
しかし、キッチンは時間帯によってかなり込み合うので、早めの時間帯に夕食を作り出すほうが良いのかなと思いました。
また、フィッツロイにいくときも要らない荷物を預かってくれたのがかなり助かりました。宿が用意する朝食は併設のレストランで食べる朝食なので支払ってでも食べる価値はありそうな気はしました! 

**************************
 最後までお読みいただきありがとうございました。
 
ランキングにも参加してますので
よろしければ下記アイコンのクリックもよろしくお願いします(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます!